天気予報

29

22

みん経トピックス

文京でくまモンとおひな祭り千駄木で「百年前の鴎外」展

千駄木の養源寺で手創り市 「白」テーマに、酒かす使った焼き菓子・ケーキも

千駄木の養源寺で手創り市 「白」テーマに、酒かす使った焼き菓子・ケーキも

「ヨポポネ」さんの酒粕を使った菓子(右上)と「thanks milk!」さんの酒粕みるく(右下)

写真を拡大 地図を拡大

 千駄木の養源寺(文京区千駄木5)で2月28日、「&SCENE手創り市」が開催される。

「つくりて」さんのシュトーレンとスコーン(関連画像)

 2012年10月から隔月(偶数月)開催されている同イベント。毎回テーマを変えながら、出展者がそのテーマに沿って、手作りの布物、紙物、陶器、織物、刺しゅうなどの作品をブースで展示・販売するほか、フード販売、ワークショップ、音楽ライブなどを展開する。

 今回のテーマは「WHITE&THINGS」。白い器やアクセサリー、ドライフラワーなどの作品を展示・販売する企画エリアを設ける。通常出店の一般ブースや食品ブースを合わせ、全80ブースほどが出店する。

 食品エリアでは「酒粕(かす)の白。」として、石川県の酒蔵・御祖酒造から提供された酒かすを使った菓子や飲料を販売する。「つくりて」は、酒かすで起こした酵母を使った白いシュトーレンや、酒かすと相性のいいドライフルーツを合わせたスコーンを販売。「ヨポポネ」は遊穂の酒かすと小麦粉酵母で作ったクッキーやタルト、「te.to.te」は酒かすを使ったケーキ、「thanks milk!」は酒かすの香りと優しい甘さが特徴の「酒粕みるく」を販売する。

 初の試みとして、東急東横線学芸大学駅近くにある書店「SUNNY BOY BOOKS」も出展。「大人が読んでもぐっとくる絵本」「手にするたび生活になじんでいくような本」「心を込めて作家が丁寧につくった本」など、古本・新刊を問わず販売する。

 当日は、染谷拓郎さんによるギター弾き語りライブ(13時30分開演、投げ銭制)を本堂で行うほか、昨年好評だった「中津箒(ぼうき)」(神奈川県愛川町)のほうき作りワークショップ(参加費は内容により異なる)も開く。

 開催時間は9時~16時。雨天中止。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

文京経済新聞で読みたい記事のジャンルは何ですか?

アクセスランキング