特集

関東1部リーグ 2019-2020 東京ユナイテッドFC 特集 7 ♯14 山田武典選手

  •  
  •  

 小石川運動場(文京区後楽1)をホームグランドとし、文京区を中心とする特別区を本拠地とする社会人サッカークラブ「東京ユナイテッドFC(フットボールクラブ)」。23区内にホームスタジアムを持つチームとしては初となるJリーグ加入を目指し活動している。激しい戦いに挑む選手たちの素顔を紹介していく。

 7回目はみずほ銀行に勤務する傍ら、東京ユナイテッドFCでプレーする山田武典(たけのり)選手。

甘えのない環境を求めて

───山田選手はみずほ銀行にお勤めですね。普段の生活の様子を教えてください。

 高校生の時に海外でサッカーを見る機会があって、その時にいろいろな人に助けてもらった経験が大きいですね。自分も誰かの最初の第一歩を手助けできるような、誰かの0を1にする仕事に就きたいと思いました。

 普段は6時半に起きて7時くらいに家を出ます。8時に到着して始業に向けて準備し、9時に開店。電話相談などの銀行業務をこなしています。終業は大体19時半。その後、練習に遅れて参加しています。原則19時半以降は仕事ができないのですが、業務が残ってしまった場合は、「今日は(練習には)参加できません」ということになります。選手の中では一番練習に参加できていないと思いますね。練習が終わって帰宅するのが22時半。それから食事をして、23時半~24時には寝るようにしています。

 遅れて練習に参加する場合、大抵はトレーナーにランメニューを組んでもらっているので、ボールに触る時間も、ほかの選手より少なくなってしまうんですよね。その分、走ったり、体幹を鍛えたりと、工夫して差を埋められるようにしています。

───みずほ銀行へ就職した理由は?

 大学4年の時、全日本選抜に入っていてプロを狙える環境にいました。実際、周りにはプロに内定している人が多かったです。でも僕は、プロになることを全く考えずにサッカーをしてきていて、日々の意識も自分が満足できればそれでいいという感じでした。プロになるような人たちは普段の練習や生活などに高い意識をもって過ごしていたので、違いを感じ、就活に切り替えました。

 みずほ銀行を選んだ理由は、甘えが出ないような環境に身を置くことで自身を成長させたいという考えがありました。ずっとサッカーしかやってこなかったので、知見が狭いんですよね。OBの方たちから職場の環境なども聞いていたので、みずほ銀行に就職することを決めました。

 自分の成長以外にも、さまざまな会社の社長さんにお会いして考えや言葉を聞けるので、すごくやりがいを感じています。

───銀行の仕事と東京ユナイテッドFCの活動を両立することで感じることはありますか?

 実は結構、仕事をさばききれていないんですよね…。キャパオーバーで、基本的にできていない。ただ、準備が万全でない状況は多いので、限られた状況の中でいかに自分の持てる能力を発揮できるか、という点ですかね。サッカーも、全然練習できていない中でも試合では良いパフォーマンスを発揮しなければいけないので…。

 自分を追い込む環境に身を置いている今の状況は、身体的にも精神的にもすごく成長を実感しています。あとは準備の大切さも身にしみて感じていますね。

焼きついたのは、ケルンの情景

───プロフィールには、趣味が映画鑑賞とありますね。

 実はそれ、全く思いつかなくて、思い浮かんだものをそのまま書いてしまったんですよね(笑)。

 今一番ハマっているのは、ヨーロッパのサッカー鑑賞です。環境といいますか、子どもからお年寄りまで、良いプレーに対しては、例え細かいプレーでも惜しみなく拍手を送る文化がいいなと思って…。高校3年の時に、ドイツのブンデスリーガ2部のFCケルンがホームスタジアムで優勝決定戦に臨む光景を見て、空気感を肌で感じ、そこからヨーロッパのサッカーを見るようになりました。あの光景は忘れられません。

───好きなチームはありますか?

 ファンが熱いチームが好きです。今でいうと、リバプールFCとかボルシア・ドルトムント。逆にレアル・マドリードなどは、結果を出さないとすごくファンが冷たいので面白いと感じます。

 そういう面から見ると東京ユナイテッドFCはすごくいいチームだなって思っています。土日の大切な時間を僕らの試合に割いてくれる方が日に日に多くなっているんです。広報部のスタッフがすごく努力をしてくださっているんだと思いますし、チームの戦い方も魅力的に感じてもらえてるのかなと思っています。こうやって「チーム」ができていくんだなって、肌で感じることができるのは本当にいい経験です。東京ユナイテッドFCに身を置けて学べたことの一つですね。

自分に厳しく、準備を万端に

───最後に目標を教えてください。

 常に準備不足のシーズンが続いていたので、自分に厳しく、準備を万端にしてきたいです。サラリーマンですけど、チームに貢献できることは全部したいと思っています。

山田武典(やまだたけのり)

1995年8月29日、生まれ。身長173センチ、体重67キロ。青森山田高校、青山学院大学でプレーした後、東京ユナイテッドFCに入団。10番の伊藤光輝選手は、大学時代の先輩に当たる。

(文責=文京経済新聞・高橋昂希)

  • はてなブックマークに追加