天気予報

26

19

みん経トピックス

椿山荘と仏香水がコラボ文京の書店で書簡フェア

湯島で2回目の「ねこまつり」 猫を学び、楽しみ、触れ合う20日間

湯島で2回目の「ねこまつり」 猫を学び、楽しみ、触れ合う20日間

主催する地元店の店主たち

写真を拡大 地図を拡大

 文京区湯島で2月16日から、清水坂から三組坂周辺の地元店舗による「第2回ねこまつり at 湯島 ~猫でつなぐ湯島のまち」が開催される。

猫と一緒にワークショップも

 同イベントは、王冠印雑貨店(文京区湯島3)の海老原久美さんが発起人となり、「湯島の清水坂・三組坂かいわいに、にぎわいを作りたい」と企画。昨年9月に開催された第1回イベントでは、「地域の店を回遊したり、湯島に足を運んでもらったりするきっかけとなった。予想を上回る集客があり、期間を1週間延長した」と海老原さん。

 今回は、王冠印雑貨店をはじめ、前回に引き続きネコリパブリック東京お茶の水店(湯島3)、サカノウエカフェ(湯島2)が参加するほか、新たにジュエリー ボーリンゲン(湯島2)、音楽教室Studioトリアノン(湯島2)、うどよし書道教室(湯島2)が参加店に加わる。

 期間中、鳥獣戯画の「烏帽子猫」を描くワークショップや猫をテーマにしたクラシックコンサートなど、猫に関連するさまざまなイベントやワークショップ、物販が各店で実施される。徳永有可さん(ネコリパブリック東京)は、「猫と触れ合えたり、猫に関する音楽や食事を楽しめたり。雑貨の販売や保護猫について学ぶイベントなどもあり、いろいろな角度から猫を楽しめるイベントとなっている」と話す。

 前回好評だったという参加店を巡るスタンプラリーも継続して実施。3店舗を回るとオリジナルシールを3カット、6店舗全てを回ると同シールを1シート進呈する予定。

 「それぞれの店の内容が濃いため、なかなか短時間で全店舗を回るのが難しい」と徳永さん。そのため新たな取り組みとして、2月27日の14時30分から半日で全ての店を回る「チャリティーツアー」も企画した(事前申込制)。参加は3,500円。定員8人。売り上げの一部は保護猫のために使われるという。

 海老原さんは「イベントをきっかけに地域の店同士の交流が生まれ、今回新しい参加店も生まれた。地域が盛り上がる足掛かりとなれば」と期待を込める。

 イベントは3月6日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング