見る・遊ぶ

文京区と漫画「ちはやふる」がコラボ ギャラリーシビックで複製原画展

漫画家・末次由紀さん書き下ろしサイン色紙

漫画家・末次由紀さん書き下ろしサイン色紙

  •  
  •  

 文京シビックセンター(文京区春日1)1階のギャラリーシビックで3月16日、漫画「ちはやふる」の複製原画展が始まった。

競技かるた体験に興じる子どもと学生

 同作は、漫画家・末次由紀さんが「BE・LOVE」(講談社)に連載中の競技かるたを巡る青春を描いた人気漫画。同区には全日本かるた協会の本部やかるた記念大塚会館があるほか、同作では教育の森公園や白山交流館などが描かれた場面もある。

[広告]

 さまざまな表情を見せる登場キャラクターたちの複製原画を展示するほか、同作の場面となった区内のスポット紹介、区ゆかりのかるた関連資料の展示、かるた体験イベントも行われている。

 複製原画展示では、全40巻分の表紙や区登場場面、名人やクイーンの名場面など約80点を間近に見ることができる。競技かるたのルールや歴史、実際の名人戦クイーン戦の様子を紹介するパネルや、跡見学園女子大学所蔵の貴重なかるたコレクションのパネルなども展示している。

 体験イベントでは、16日限定で競技かるたの正装であるはかまを着て同作キャラクター等身大パネルと一緒に写真が撮れる「はかま着付け体験」が行われた。「競技かるた体験&デモンストレーション」のコーナーでは、16日に東京都かるた協会、17日に東大かるた会、21日に私立暁星高校競技かるた部によるデモンストレーションがある。

 同展を担当した区アカデミー推進課の鈴木さんは「『ちはやふる』の影響もあって競技かるたへの関心が高まり、授業に取り入れる区内の小中学校も増えている。競技かるたに縁のある区として、区内のスポットも数多く登場する『ちはやふる』を通じて、広く『かるたの街文京』をPRしていきたい」と話す。

 開催時間は9時~17時(最終日は16時で閉場)。入場無料。今月21日まで。

  • はてなブックマークに追加