天気予報

18

5

みん経トピックス

文京のこども園が開園2カ月白山で結びのワークショップ

文京・LB-BRBがエスペランサSCに勝利で連敗ストップ 今季2度目の4点快勝

文京・LB-BRBがエスペランサSCに勝利で連敗ストップ 今季2度目の4点快勝

相手と競り合うMF曽山慶太選手(写真提供=Takayuki Matsumoto)

写真を拡大 地図を拡大

 日本工学院グラウンド(八王子市片倉町)で5月29日、関東サッカーリーグ2部の前期9節が行われ、LB-BRB TOKYOはエスペランサSCに4対1で勝利した。

LB-BRBのスターティングメンバー

 前節で今季初の連敗を喫したLB-BRB。1部リーグ昇格に向けて3連敗は許されない一戦の相手は、ともに今季から同リーグ2部に昇格したエスペランサSC。昨年の第49回関東社会人サッカー大会決勝では5対1と大勝している。

 試合は前半7分、LB-BRBのDF黄大城(ファン・テソン)選手のゴールで幕開け。コーナーキックに頭で合わせ、LB-BRBが待望の先制点を決める。LB-BRBは今季、先制点を挙げた試合では負けなし。ここから一気に流れに乗りたいところだったが、相手の猛攻に危うくゴールを脅かされるなど、前半は1対0のまま折り返す。

 後半、立ち上がりから徐々にLB-BRBが試合の主導権を握り始める。中盤の高い位置でボールを奪うなど、相手にプレッシャーをかけると後半25分、FW川田悠介選手のドリブル突破に相手選手がファール。2枚目のイエローカードで退場となり、相手は10人に。

 数的優位に立ち追加点が欲しいLB-BRBは後半38分、再びFW川田選手がドリブルで仕掛け、MF曽山慶太選手を経由し、最後はFW三浦良介選手。試合後、「2連敗で迎えた前期最終節だったので、何としても勝ちたかった」と話したように、気持ちでゴールネットを揺らし追加点を挙げ2対0と相手を突き放す。

 そのままLB-BRB勝利かと思われたが、直後の後半42分。相手に一瞬の隙を突かれてクロスから失点。土壇場で1点差に追い付かれる。

 勢いをそのままに相手が攻勢を強めるも、LB-BRBは冷静に対処。ロスタイムに入ると、今度逆に相手の隙を突き、MF曽山選手、DF黄大城選手が立て続けにゴール。最終的には4対1で勝利した。

 今季初出場で1アシスト1ゴールの活躍を見せた曽山慶太選手は試合後、「2点目に絡めたこと、それに尽きると思う。後期も1部昇格に向けてチーム一丸となって戦いたい」と話した。福田雅監督は「90分間を選手と同じテンションで闘うこと。とにかく100%ピッチに集中した。今日の選手たちはよく戦った」とたたえながらも、「まだ満足していない。なぜなら、彼らの本気はこんなものではないから」と、後期リーグに向けて意気込んだ。

 LB-BRB TOKYOは前期9節を終えて勝ち点16の3位(5月29日時点)に付けた。後期リーグは6月26日に開幕予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇治茶を練りこんだスコーンにつけるクロテッドクリームには、パリパリとした「宇治玉露のチュイール」を添えて、茶葉をそのまま食べる京文化を再現
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング