天気予報

33

24

みん経トピックス

東大生が食と農の物産展文京区で食のブランド選出

文京の理容室に等身大「スパイダーマン」 米雑貨好き店主「地域に笑顔を」

文京の理容室に等身大「スパイダーマン」 米雑貨好き店主「地域に笑顔を」

壁に現れたスパイダーマン

写真を拡大 地図を拡大

 文京区千石の理容室「SENGOKU」(文京区千石4、TEL 03-3941-8812)の入り口に現れた「スパイダーマン」が話題になっている。

「アメリカ」をコンセプトにリニューアルした店内

 アメリカのマーベル・コミック刊行の漫画に登場するヒーローとして知られるスパイダーマン。2002年には実写映画化され、日本でも公開され話題を呼んだ。

 「もともと、アメリカ雑貨が好きだった」という店主の高橋利直さん。昨年9月に「アメリカ」をコンセプトに同店を23年ぶりにリニューアルした際、人形を設置したという。フェイスブックなどで写真が投稿され話題にも。

 設置の経緯について、高橋さんは「これまではマネキンにスパイダーマンの衣装を着せて店頭に置いていた。甲子園に合わせて野球のユニホームを着せたり、クリスマスにはサンタコスチュームを着せたりしていたが、屋外だったので雨風で衣装の汚れが目立つようになってしまった」と言う。買い換えを検討したタイミングがちょうど店のリニューアルと重なり、「それなら等身大の人形を」と人形の設置を決めた。

 設置された等身大の人形は、アメリカから取り寄せて購入したもの。9月のリニューアルオープンと同時に設置する予定だったが、「船便で届いたので、リニューアルオープンに間に合わず、10月の設置になってしまった」と高橋さん。設置することで「年配の方から小さい子どもまで、一度は目にしたことのあるキャラクター。地域の人が人形を見て、笑って元気になってもらえれば」と話す。

 反響については、「女子高生が写真を撮ったり、信号で止まった車から写真を撮る人がいたりするのを見かける」といい、「あまりネットはやらないが、ちょっとでも話題になっていてくれたらうれしい」と続ける。

 同店は1969(昭和44)年に創業。現在の店主である高橋さんは2代目で、3年前に両親から店を継いだ。「ずっと『真心と技術を社会へ』という社訓でやってきた。技術はもちろん、真心を大切にという思いで続けてきた。地域密着型で地域の人に少しでも必要にされる店になれれば」と意気込む。

 営業は10時~20時(土曜・日曜・祝日は9時~19時)。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング