食べる 見る・遊ぶ 買う

文京・湯島で「ねこまつり」 新企画「ねこ落語」「ねこまつりフェス」も

「王冠印雑貨店」(湯島3)の猫の置物

「王冠印雑貨店」(湯島3)の猫の置物

  •  
  •  

 「第9回ねこまつり at 湯島~猫でつなぐ湯島のまち~」が文京・湯島で9月10日から行われている。清水坂から三組坂周辺の地元店から成る実行委員会が主催する。

「サカノウエノカフェ」(湯島2)の猫のかき氷

 「王冠印雑貨店」(文京区湯島3)の海老原久美さんが発起人となり、毎年2月と9月の年2回、20日間にわたって開いている同イベント。「猫が似合う町街、下町情緒漂う湯島地域で猫を通してお客さまに楽しんでもらいながら、猫も人も幸せになれるように、この地域の活性化を目指して企画した」と言う。2015(平成27)年9月に3店舗でスタートし、今回で9回目を迎える。

[広告]

 保護猫カフェや書道教室、雑貨屋など16店舗でイベント期間限定の猫にまつわる「もの」「こと」「食べ物」を用意する。毎回人気のねこまつりツアーやスタンプラリー、フォトコンテスト、「妻戀神社」(湯島3)のねこまつり限定「猫御朱印」などもある。期間中は保護猫のためのチャリティー活動も行う。

 新企画として、16日=「麟祥院本堂」(湯島4)で「ねこ落語」(参加費1,500円)、22日=「全国家電会館1階」(湯島3)で「ねこまつりフェス」(参加無料)などがある。

 海老原さんは「毎回参加店が増え、今回は16店舗での開催となった。『ねこ落語』『ねこまつりフェス』の企画も加わり、今まで来たことがなかった方にも、リピーターの方も、皆さんに楽しんでいただけると思う」と話す。

 今月29日まで。

  • はてなブックマークに追加