見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

文京シビックセンターで作品展「きずなーと」 豊かな世界観をアトリウムに

「アートウォールシビック」の3月展示「きずなーと」

「アートウォールシビック」の3月展示「きずなーと」

  • 30

  •  

 文京シビックセンター(文京区春日1)で現在、「アートウォールシビック」の3月展示「きずなーと」が開催されている。

「きずなーと」展示の様子

 「アートウォールシビック」は、文京区による若手芸術家への支援の一環。創作意欲向上のための発表機会と、シビックセンター来庁者に向けて身近に芸術と触れ合える場を提供する目的で、地下1階アトリウムを囲む回廊をギャラリーとして活用する。

[広告]

 「きずなーと」は、障がい者支援施設・リアン文京(小日向2)の利用者の日常活動の中から生まれた作品の発表の場。障がいのあるアーティストたちがおのおのに合う画材を使って創作した絵画、イラストレーション、貼り絵、書など、50点余りが吹き抜けの回廊を飾る。

 リアン文京施設長の山内哲也さんは「私たちは、一人一人に自分の世界観があり、大切にしている思いや夢がある。それらを日常生活の中で他の人たちや社会との関係の中でさまざまな形に紡いで『私』の独自性を発揮している。『きずなーと』の作品は、利用者が大切にしているきらきらした思い出や体験を絵や版画、貼り絵などに託して表している」と話す。「私の好きな髪飾り、大好きな歌手の歌を聴いているときの姿など、リアン文京での日常のさりげない一場面がそこにある。作品一つ一つにストーリーがあり、力強い命が躍動している。そんな利用者の思いがこもった作品を多くの人に見ていただき、作者一人一人の心の世界を感じ取っていただければ」と山内さん。

 同施設の職員は「声を掛けられても気付かないほど集中して制作に向き合う姿、完成した作品の芸術性、独特な感性に驚きと感動を覚える。作品発表の場があること、作品が多くの方の目に触れることが、アーティストたちの力をさらに伸ばすことにもつながる。作品に触れ、『きずなーと』ファンになってもらえたら」と呼び掛ける。

 開催時間は区役所の開館時間に準じる。入場無料。今月31日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース